多摩川でワームでクロダイ、最初の1尾への道。


多摩川で狙ってクロダイ(チヌ)が釣れるようになったとずいぶん前から聞いてはいました。

しかし、なかなかクロダイを釣りに行こうという発想が湧いてきませんでした。

  • 原付を廃車にしてしまった。
  • 週一回の休日は、体が動かない。
  • 釣りは近所で数時間だけやる。

そんな日々が続いていました。

しかし、ネットをはじめとするメディアを覗いてみると、沢山のチニングに関する記事や動画があるじゃないですか!

それも、「多摩川でチニング」に関連したものも少なくないときた!

雑誌『つり人』さんのサイトまでが、多摩川のチニングを取り上げられています。

私もクロダイを釣らなくては!

と思い、「多摩川のクロダイ」「最初の1尾」に向かってスタート!

スポンサーリンク

90年代多摩川でクロダイはマグレでしか釣れなかったはず

毎週のように原付に乗って多摩川河口付近をシーバスを狙って徘徊していた90年代中期〜2000年代初期。

しかし、私のルアーにクロダイがヒットしたことなどなく、少なくとも陸っぱりで釣れたという情報は、交通事故的な「マグレ」の「うれしい外道」という扱いでした。

(他の地域では、しっかりとしたメソッドがあったようですが。)

たぶん、放流事業の結果や湾奥の水質が良くなったこともあるのでしょうね。

しかし、キビレが釣れていいの?という疑問もあります。

キビレって関西以南に生息する魚じゃなかったっけ?

地球温暖化のせい?それとも放流事業?

まあ海は繋がっていますから。

ただこれだけは言える。

クロダイよ、釣れるようになってくれてありがとう。

まだ釣ってないじゃん。

チンングに使うリグを買ってみた

いくつかの動画をさらりと観て、上州屋のチニングコーナーにあったものと、代用に使えそうなものを買ってみました。

これでいいだろうか?

チヌはバス持ちできないと思った

チヌ釣りといえば「タモ」。

しかし、私は長年タモなしで釣行しています。

魚をずり上げる。

それから、手が届くような高さの場所でしか釣りをしてきませんでした。

それか、12ポンド直結のごぼう抜き。

しかし、今回思い直しました。

クロダイはバス持ちできないよなと。

で、今回初めて「フィッシュグリップ」を入手しました。

釣れる気満々です。

初めての『ダイチャリ』釣行

原チャリで湾奥を釣り歩いた90年代。

それも今は昔。

六郷橋あたりまで行くには、現在は電車かバスということになります。

しかし今現在、新たな釣行手段があったのです。

それは『ダイチャリ』。

ダイチャリで初釣行!

東京、神奈川あたりで展開している貸自転車をあなたも見たことがあるでしょう。

多摩川サイクリングロードにも所々置かれています。

今回のチニング釣行はダイチャリを使ってみました。

※今回、57分利用して330円でした。
※ダイチャリはアプリで予約し借りることができます。
※家の近所で借りて、目的地の近くのダイチャリ置き場に返却します。

2022年5月25日多摩川チニング発チャレンジ

JR、京急の鉄橋辺り

ダイチャリを川沿いの公園にあるダイチャリ専用駐輪場に返却して、JR鉄橋の上流あたりに降りてみました。

平日でも釣り人がいる。

古いテトラ帯に、大きなタモを背負って、「前打ち」と思われる釣りをしている人を発見。

クロダイがこのあたりにもいるんだなと、改めて思わされます。

少しずつ下流へ歩くと、テナガエビを釣っている父子がいます。

ちょうど上手い具合に釣れて、テナガエビがぶら下がっています。

笑顔の少年。

うわー、テナガエビ釣りも楽しそうだなぁ。

クロダイがエサになるベイトもいるということ。

シュリンプ系ソフトルアーを使っていいんだという自己確認OK!

昔とずいぶん変わった六郷橋下流に驚く

私の頭の中は20年近く前で止まっていました。

家を出る前に考えていたことは、

「六郷橋下流のハーバーの係留船の下や杭周りにソフトルアーを落として…」などと思いを巡らせていました。

現地に着いて愕然。

もうハーバーの跡形もないじゃないか?!

昔は、クルーザーや船外機ボート、ジェットスキーなんかが多数係留された船着場だった。

クロダイが付くならあそこだな、と戦略を立てていたのに…

今は護岸工事されて鈴木町あたりまでテトラが入っているではないか!

とりあえず、岸壁直下にテトラのない護岸で試し釣りしてみました。

リグはこれ↓

YouTubeで見たのの真似です。

フリーリグもどき!!止めゴムなし!

この長いシンカーにはたぶん意味があるのだろう。

根がかりさせないため?

バッグの中に眠っていた、エコギアのエビっぽい奴をつけてみました。

いざキャスト!

ボトムバンプで探っていきますが、魚からの返事がない。

足元には、俺をバカにするかのように錦鯉が泳いでいます。

やっぱり、ワームとシンカーがほとんど同じ大きさじゃダメだよなと思いながらボトムバンプを続けます。

ワームが見えるほどの足元の浅瀬でリグを揺らすと、ハゼがチェイスしてきます。中にはルアーにアタックしてくるハゼもいました。(フックにはかかりません。)

ハゼクラやりにいつかこよう。

ここでシンカーよりワームが目立つようにチェンジ!

ケイテックのワームです。ケイテックというメーカーがまだ頑張っていることに感動。(買ってから気づきました。)

フリーリグをハゼが追ってきた捨て石の場所

少し下流へ移動してみましたが。護岸のテトラに下りないと釣りになりません。

この辺りは、不法?のハーバー(船着き場)だったはず。一人浦島太郎状態に!

安全には十分注意して、テトラ帯に下りてキャスト開始!

流速があるとボトムバンプの釣りが難しいと気づいた

タイドグラフなどチェックせずに出かけてきたのですが、

けっこう流速がある時間帯でした。

シーバス釣りなら、ガンガン流れているほうが活性が上がって、釣れそうという期待感がありますが、

グワーっと水が流れている状態で、ワームのボトムバンプは向いていないと感じました。

ラインが水の流れに引っ張られてルアーが底に着いているかも分かりません。

上流にキャストしたり下流に投げて糸フケをとってみたり、とにかくボトムバンプ風の釣りをしてみました。

釣り開始16:00
納竿 17:30

朝4時に起きてくる予定が、うだうだして午後3時出発。

やっぱり、釣れませんでした。

こんな勉強不足の男が、初めから釣果を得られるわけないですよね。

そう簡単に釣れちゃ面白くない。

また来よう!

次はもっと下流に行ってみよう!

帰りに失敗。ダイチャリが1台もない!

ダイチャリって人気なんですね。

帰るために、ダイチャリ置き場に戻ったら自転車が1台もありませんでした。

おい!1台もないやんけー!

結局帰りは、長靴姿でバスで帰りました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. flyukulele より:

    こんにちは、お元気そうで、なによりです。東京湾では、ワームでクロダイが、定番になってきているんですね。ブラックバスよりも、身近な対象魚になりそうですね。長いオモリは、根掛り対策ですか。これだけ長いと、たしかにインパクトありすぎ(笑) ただ長くやっていると、釣り人側が慣れるのかもしれないですね。外国の鮭釣りのオモリは、布を5センチぐらいの細長い筒の袋状にして、その中にガン玉おもりを10個ぐらい縦に並べて、オモリが根がかったら、竿を軽くあおると、袋の中でオモリが微妙にズレることで、回収できるそうです。やったことないので、そんなにうまくいくのかな?って感じですが。。。

    • ノッポおじさん より:

      flyukuleleさん、コメントありがとうございます。今シーズンはいい釣りしてますか?このフリーリグというやつ、誘導式なのでテキサスリグと基本的には同じだと思うのですが、まあ私が、釣具業界の商売戦略に上手く乗せられてしまった(笑)だけだと思います。

      • flyukulele より:

        こんにちは。私は釣り環境の良い場所で暮らしているので(つまり田舎暮らしです)、毎週のように川や湖に行ってます。よかったら、いつでもお出掛けください。