ルアー釣りセットをなぜかスーパーの釣り具コーナーで買う⁉︎

あなたは、初めて釣り道具を買った時を思い出せますか?フナ釣りやハゼ釣りなら、案外、釣具店ではなくて、近所の駄菓子屋だったりしませんでしたか?

釣り具は釣具店で買うのが普通ですが、田舎のボンクラ少年は小遣いも少なく、メーカーのこだわりも芽生えておらず、変な行動をとってしまったのです。

スポンサーリンク

安い舟竿でのルアーを釣りは厳しかった。

船竿ではルアーは投げにくかった。そしてちょっぴり恥ずかしかった。

ただひとつ持っている市販のルアーは、なぜかダイワの『ダンサー』(スプーン)。あとはカタログを見てアブのハイローを真似た自作ルアーだけだった。

こんなスタイルで果敢にライギョに挑んだのはなぜか冬であった w

無茶なスタイルで玉砕した小6の私は、お年玉を貯め、ルアー竿を手に入れる。

なぜかスーパーの釣具コーナーで(爆)今は無きジャスコ塩釜店(爆)

なんで、ちゃんとした釣具屋さんで買わなかったのか、今思い返せば不思議ですが笑えます。

ここらへんの感覚が私の今までの生き方を振り返って 、あかんかったところでしょうか、よく調べずに店に並んでる物を見て、自分の予算で買える範囲だと「よし、これにしよう」となってしまう。何度失敗したことか。

正確にはそれは『ルアー釣りセット』というもので、ルアー竿、リール、ルアー、ラインのセットだった。メーカー名はまったく思い出せないのです。(ダイワやシマノではないのは確かです)

リールはクローズドフェイスリール‼︎

ルアーはスプーンとスピナーが5、6個入っていた。

一応それはトラウトあたりを対象にしたタックルのセットだったのでしょう。

私はコルクのグリップの竿をついに手に入れ、ライギョとの格闘を夢見て、春を待つのだった。

関連記事
ルアー釣りの初心者と言える前の段階!道具もなく竿は⁈

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする