フライタックルにチンチン釣り仕掛けを結んで鮎を釣るのだ!

令和元年の鮎釣りシーズンが始まりました。

私は今年も亜流の鮎釣りをするために、多摩川の全魚種遊漁券を購入しました。

「亜流の鮎釣り」とは、

  • バスタックル、シーバスタックル、渓流竿を使った、オトリルアーでの鮎釣り
  • フライタックルを使った鮎釣り。

など、

鮎釣りの道具を使わず(買う余裕がない)に、鮎を釣るチャレンジ。

実は去年(2018年)は、大量の鮎遡上だったにもかかわらず、そんな亜流の釣り方では、1尾の鮎も釣ることなく終わってしまいました。

しかし、今年は去年の雪辱で、必ずや…

そして今年の亜流鮎釣り第一弾は、

フライタックル+チンチン釣り仕掛け

という、これまた変則スタイルで挑戦です。

スポンサーリンク

フライタックルに鮎毛針(チンチン釣り)仕掛け

昨年(2018年)の6月に、渓流竿による市販のチンチン釣り仕掛けを使った鮎釣りに挑戦してみたのですが、結局、オイカワらしき魚しか釣ることができませんでした。

フライタックルを使って鮎を釣る前に、日本の鮎は日本で考えた釣り方で、まずは確実に釣って、雰囲気をつかむつもりでした。

しかし、釣れませんでした。

なので?、今年は最初からフライフィッシングのスタイルでチャレンジです。

チンチン釣り仕掛けをティペットに繋ぐ

フライタックルで鮎を狙うにあたって考えた事は、

ティペットの先にフライひとつでは効率が悪いのではないか?

ということでした。

そこでは、ウェットフライでよくやる「ドロッパースタイル」をやろうと考えました。(チェコニンフ的な枝バリを付けるやつです)

自分で巻いたミッジを付けてもいいのですが、枝すのついたシステムを組むのはえらく手間がかかるので、去年から考えていた、

『ティペットの先にチンチン釣り仕掛けを繋ぐシステム』

これを試したかったのです!

チンチンフライシステムのメリット

チンチンフライシステムのメリットは、

  • フライタックルなので、延べ竿よりは遠投できる
  • フライが4つ付いているので魚が喰いやすいかも?

状況によって、カミツブをフライの前に付けたり、いちばん後ろに付けたり、場合によってはインジケーターを付けて「ルースニング」も可能。

チンチンフライシステムのデメリット

小さな日本式鮎毛ばりは、「返し」がありません。

  • 遠投した状態で、返しのない極小の毛ばりに鮎が掛かっても、フライラインをたぐっている途中で、絶対に魚が外れてしまう気がする。(延べ竿のように垂直に仕掛けを上げられない。)
  • みゃく釣りのように、小さなあたりが手元に伝わらないので、「煮干しサイズ」のアユが掛かったとして、気づくことができるのか?

とまあ、問題点のあるシステムですが、この仕掛けで、鮎が毛ばりに掛かるところまでを体験できれば、とりあえず目標達成ということにします。

2019年6月18日、多摩川でキャストしてみた

4番タックル、フローティングラインのシステムにチンチン釣り仕掛けを繋いでいざ!

休日の6月18日、二子橋の下流でキャストしてみたが、アタリなし。

アタリはフライラインの先のちょっとした変化を見る、いわゆる「管釣りスタイル」です。

フライより前にカミツブを付けたり、いちばん下に付けたオレンジパートリッジのちょっと上にカミツブをつけたりしてる、沈ませる工夫もしてみましたが、反応はありませんでした。

上流の新二子橋の下の緩い流れに移動。

ここには、けっこう小鮎が群れています。

しかし、ニボシくらいの大きさです。

小さいほうが、まだ水生昆虫を喰っている確率が高いはずなのだが、群れの中に仕掛けを振り込んでも、まったく反応がありませんでした。

オイカワすらかからない。

しかし、なんでしょう。

今年は釣れる気がしてならないのです。

ネットサーフィンしていると、けっこうイージーにフライで鮎が釣れたりしている情報が目につきます。

多摩川でもフライで鮎を釣っている方も動画で拝見しました。

池田健吾さんの番組でも多摩川で毛ばりの流し釣りをやっていたらしいし。

今年は、気長にやってみます。

ポイントの選定が重要そうです。

帰る途中平瀬川にかかる橋の上から真下の淀みを見ると、5、6匹の鯉の中に60cmくらいのシーバスが1尾だけ混じっていました。

関連記事
多摩川のシーバスは調布取水堰より上流で釣れると感動指数up!

6月21夕まずめの30分だけチャレンジしてみた

帰りの電車が多摩川を渡る。まだ明るいな!

これなら30分くらい釣りができるかも!狙え毛鉤で鮎!

歩いていちばん近い河原で同じ仕掛けをキャストしてみました。

釣れたぜ!

多摩川のオイカワ

この日はオイカワ2尾。鮎は釣れませんね。

鮎釣りのマズメって釣れるのでしょうか?

6月25日、前日は雨、やや増水の多摩川

6月25日は休日だったので、鮎に会いに行ったのですが…

釣れたのは、

ウグイの幼魚の幼魚。あとはオイカワ3尾が取り込む寸前に針から外れました。

チンチン釣り仕掛けから鮎毛鉤が一本外れて、鮎毛鉤2本といちばん下のフェザントテール。

それにインジケーターを付けてルースニングをしてみた結果です。今日も鮎は釣れず。

二子玉付近は鮎が居ない気がしてきました。

苔を食んでいるのはイナっ子の小さいやつだろうか?

家を出る前、ユーチユーブで、多摩川でチンチン釣りで鮎を釣っている方の動画を拝見したので、私もと思ったのですが…。

シンキングラインを使ってみた

6月26日、18時に帰宅できたので、1時間だけ川へ行ってみました。

この日はシンキングラインを使ってみました。

もう10年以上前に作った、シンキングラインに、シンキングリーダーを短く切ってつないだ変則システムです。

どこかの川でウェットのスイングをやろうと考えて作ったシステムを流用です。

しか〜し、現場では、バックが取れずリーチキャストを繰り返していたら、チンチン釣り仕掛けがライントラブルがばっかりで、時間の1/3を、絡まったラインをほどく作業にとられてしまいました。イライライラ。

一度、ティペットを切って結び直した後再びキャスト!

しばらく薄暗い中、ラインを揺すっていました。

ラインをたぐってみると、フライが3本ついたティペット部分が無くなっていました。(泣)

  • またチンチン釣り仕掛けごと買うか?
  • 鮎毛針だけ買うか?
  • 自分で似たようなフライを巻くか?

今日は気持ちがダウンしました。

しかし、シンキングラインでチャレンジは次回もやってみたいと思います。

7月2日、自作の鮎毛鉤もどきのフライでチンチン釣りシステムを組んでチャレンジ

7月2日は、仕事休でしたので、チンチン釣りフライフィッシングにチャレンジ!

と思ったのですが、先日の釣行でチンチン釣り仕掛けがティペットから切れてなくなっていたのを思い出しました。

およそ、10年ぶりくらいに自分でフライを巻きました。

鮎毛鉤のような自作フライ

自作の鮎毛鉤もどき。金の玉が家になかった。

もう、巻き方も忘れかけています。今では老眼鏡がないとフライがタイイングできなくなった私ですが、へたくそな「鮎毛鉤もどきフライ」を三つ巻いて、また、性懲りも無く、2つのフライをドロッパーにして「チンチン釣り風仕掛け」を組みました。

フックがバーブレスしかなかった。まあいいか。

前日は、雨が降りましたが、それほどの増水ではありませんでした。

田園都市線の乗客から見られる、ちょっと恥ずかしいポイントでやってみました。

で、結果は?

多摩川のウグイの幼魚

13時スタート、5cmほどのウグイの幼魚(マルタ?)が3尾のみ、オイカワも釣れません。

鮎なんているのか?って感じです。

それとも、私のフライは雑食性のウグイは騙せても、鮎とオイカワは騙せなかったということか?!

やっぱり、やってる場所なのかなぁ。

※この記事は釣れるまで、書きかけ記事ですwww

関連記事

チンチン釣りじゃ釣れないのか?6月の多摩川下流域の鮎

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする